anti scroll

ブラウザと小説の新しい関係を模索する

TypeNovelにおいて、注釈しなくても良い制約を明示的に宣言できるようになりました

どういうものか

次のように、制約の値を"?"とすると、その制約は本文中で注釈されなくてもエラーになりません。

@scene({
  time:"?" // 注釈する必要のないtime制約
}){
  本文中でtimeの注釈をしなくてもエラーにならない!
}

どうして必要なのか

注釈しなくても良い制約なら、そもそも宣言しなければよいのでは? と思われるかもしれませんが、敢えて宣言したい場合があります。

例えば「時刻が"?"のとき」は「不明瞭な時刻のようなもの」を連想させるために、ビューアーのテーマをグレースケールにさせたい、とか。

つまり「時刻が不明瞭である」という情報を、HTMLを扱うアプリケーション側が欲しがる場合です。

例えば上の例をコンパイルすると、@sceneブロックは次のようなHTMLにコンパイルされます。

<scene data-time="?">
  本文中でtimeの注釈をしなくてもエラーにならない!
</scene>

このように、HTMLにdata-time="?"という形で「時刻が不明瞭ですよ」という情報が盛り込まれるわけです。

というわけで今回、新しい仕様を付け足すことにしました。

これにより、制約値が不明瞭であることをHTMLに反映しつつ、TypeNovel側の本文では注釈しなくてもエラーが出ないようになりました。

v0.9.1から有効になりますので、興味のある方は最新バージョン(すでにダウンロードできるようになっています)をご利用下さい。