anti scroll

ブラウザと小説の新しい関係を模索する

TypeNovelのVSCode拡張を公開しました

VSCodeのマーケットプレースにvscode-typenovelというTypeNovel用のVisual Studio Code拡張を公開しました。

marketplace.visualstudio.com

インストール後は、*.tnファイルを編集するときに有効になります。

実際に動かすと、こんな感じです。

https://raw.githubusercontent.com/tategakibunko/vscode-typenovel/master/images/capture.gif

主な機能

  • ブロック(@で始まる)と注釈($で始まる)のインテリセンス
  • 組み込みマークアップの引数説明を表示($rubyとか@notesとか)
  • 文法のハイライトや、括弧を自動で閉じる設定
  • セーブ時にエラーをチェック(注釈されていない制約、未定義の制約、重複した制約など)

ちなみに$で起動するインテリセンスは、もちろん組み込みタグだけではなく、ブロックで定義した制約の一覧も表示します。

連絡先

バグや機能要望はGithubにて受け付けています。

github.com

余談(開発でハマったところ)

1 .vscodeignoreファイルの挙動

vsce packageコマンドで拡張機能をパッケージ化するときに、.vscodeignoreファイルでパッケージに含めないファイルを定義できるのですが、このファイルに.gitignoreを入れると、.gitignoreの中身を勝手に見て、その中に記述されたファイルもパッケージの対象外にしてしまうみたいです。

つまり.gitignoreファイルに「gitには必要ないがvs拡張のパッケージには含めたい」ファイルなんかを記述してしまったときは、必要なファイルがパッケージ化されなくて、うまく拡張機能が動作しません。

これを回避するのは簡単で、ようするに.vscodeignore.gitignoreを記述しなければよいのです(ちなみに.gitignoreは、.vscodeignoreに記述しなくてもパッケージ対象にはならない模様)。

ちなみにパッケージされるファイルを事前に確認したい場合は、vsce packageをする前にvsce lsとすると、パッケージされるファイル一覧を事前に確認することができます。

2 ローカルの.vsixファイルをVSCodeのUIから直インストール・アンインストールした際の挙動

あと、ローカルでインストールした.vsixファイルを、VSCodeのUIからアンインストールした場合、.vscode/extensions/<拡張機能のフォルダ>が削除されないバグがあるみたいです。

で、わかりにくいことに、この状態でVSCodeのUIから新しい.vsixファイルを読み込ませて上書きインストールさせようとすると、インストールは成功と表示されるのですが、実際には何も新しいファイルが展開されず、古いディレクトリだけが残っている状態になってしまいます。

つまりバグを修正して再インストールしても、修正されていない古い拡張が残り続けるので、まったく修正されていない状態になっているわけです。

この状態について、最初は「修正が正しくない」と判断して、ハマってしまいました。そこから「実は再インストール自体がなされておらず、古い拡張が残り続けているだけ」と気付くのに小一時間ぐらいかかりました。

ようするに「ローカルでインストール・アンインストールのテストするときは、UIを介さずに手動で拡張機能ディレクトリを削除する必要がある」ということになります。