anti scroll

ブラウザと小説の新しい関係を模索する

縦書き文庫をリニューアルしました

縦書き文庫をリニューアルしました。

新しくなったところ

小説投稿画面の機能がスマホでも全て使えるように

これまではスマホの投稿画面ではルビや太字ぐらいしか選べなかったのですが、すべてのボタンがPCの投稿画面と同様に使えるようになりました。

PCだとこんなふうで、

f:id:convertical:20190207121350p:plain
PCの投稿画面

スマホとかだとこういう感じです。

f:id:convertical:20190207121425p:plain
スマホの投稿画面

しおりが無制限に挟めるように

これまでは10個までの制限があったのですが、いくらでも挟めるようになりました。

以下は、しおりを入れるボタン

f:id:convertical:20190207121647p:plain
しおりを挟む

以下はしおりを開くボタン

f:id:convertical:20190207121712p:plain
しおりを開く

しおりを開くと、しおりの一覧が出るので選択します。

f:id:convertical:20190207121748p:plain
しおりの一覧

ちなみに、しおりの数に制限はありませんが、一つの作品に大して10個以上の栞を挟んだ場合、直近の10件までが表示されます。

マテリアルデザインの採用

スマホ等のタッチで操作する端末に親和性が高い(とされている)マテリアルデザインを採用しました。

色々な操作がアニメーションするので、操作がより直感的になったのではないでしょうか。

シリーズ作品の並び替えがドラッグ・アンド・ドロップに対応

シリーズ作品の並び替えも、より直感的にドラッグ・アンド・ドロップで可能になりました。

f:id:convertical:20190207122216p:plain
シリーズの並び替え

ダッシュボードに読んだ、読まれたの情報を表示

ダッシュボードページを新設し、作品を読んだ、読まれたの履歴がパッと確認できるようになりました。

f:id:convertical:20190207122435p:plain
ダッシュボード

「読まれた」のタブには、自作がページ送りされてポイントが入った履歴が出ます。

「読んだ」のタブには、自分が他者の作品を読んで得たカルマの履歴が出ます。

廃止された機能について

キャラクターとファンのタブ(プロフィールページ)を廃止

スマホの横幅に足りないというのが主な理由なのですが「ファン」についてはPC限定で復活するかもしれません。

表紙画像の投稿機能を廃止

廃止したのは、表紙の有無が作品のクリック率にあんまり寄与しない(ように見える)ほか、著作権の確認なども大変だったからです。

賛否両論あるかもしれませんが、表紙画像をなくすことで、サイトの読み込みも速くなるので、自分としては良かったかなあと思っています。

開発の振り返り

去年の年末にPCがぶっ壊れてしまったのですが、奇跡的にデータが残ったまま修理が完了したので、そのまま最後まで開発することができました。

自分にとっては今回が人生初Angular(とNgrx)だったのですが、すごく開発しやすかったです。

Angular+Ngrxでは、状態をObservableで閉じることができるので、論理的に矛盾した状態が作られにくい、というところが素晴らしいと思いました。