anti scroll

ブラウザと小説の新しい関係を模索する

jingoo 1.4.0 をリリースしました

jingoo 1.4.0をリリースしました。

github.com

新しくなった点

  • Jg_templateモジュールを部分的に改良したJg_template2というモジュールが追加されました。

サンプル

これまでJg_templateモジュールは、次のようにmodels連想リストを与えていました。

open Jingoo
open Jg_types

let result = Jg_template.from_string "{{ msg }}" ~models:[
 ("msg", Tstr "hello, world!");
]

Jg_template2モジュールでは、models名前を与えたら値を返す関数に変わります。

open Jingoo
open Jg_types

let alist = [("msg", Tstr "hello, world!")]
let result = Jg_template2.from_string "{{ msg }}" ~models:(fun key ->
  try List.assoc key alist with Not_found -> Tnull
)

これの何が良いのかというと、string -> tvalueという型の関数にさえなっていれば、データソースは何でも良くなることです。

例えばデータソースを(連想配列より高速な)Hashtblにすることもできます。

open Jingoo
open Jg_types

let htbl = Hashtbl.create 1 in
let () = Hashtbl.add htbl "msg" (Tstr "hello, world!") in
let result = Jg_template2.from_string "{{ msg }}" ~models:(fun key ->
  try Hashtbl.find htbl key with Not_found -> Tnull
)

データソースなしで、単なる関数にしてしまうと、さらに高速です。

open Jingoo
open Jg_types

let result = Jg_template2.from_string "{{ msg }}" ~models:(function
 | "msg" -> Tstr "hello, world!"
 | _ -> Tnull
)

関数にすることで、乱数値みたいなものを扱うこともできます。

open Jingoo
open Jg_types

let result = Jg_template2.from_string "{{ msg }}, {{ rand }}" ~models:(function
 | "msg" -> Tstr "hello, world!"
 | "rand" -> Tint (Random.int 100) (* 0 ~ 100 の値をランダムに返す *)
 | _ -> Tnull
)

将来的にはこっちをメインのAPIとして使用したいのですが、旧版のAPIで既に広く使用されてしまっているので、今回はモジュールを別名で分けることで対応しました。

参考

In Jingoo.Jg_template, provide a function for the getting variables · Issue #112 · tategakibunko/jingoo · GitHub