読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

anti scroll

ブラウザと小説の新しい関係を模索する

enchant.jsでネットワーク対戦の麻雀

関連記事:縦書き文庫の開発日誌 websocketで動くネットワーク対戦の麻雀


 唐突に麻雀ゲームが作りたくなったので、enchant.jsというゲームエンジンを使ってmj-cloudというサービスを作りました。

 canvasを使っているので、IEで遊ぶ場合にはGoogle Chrome Frameが必要です。

サービスの特徴

・対局が全てリプレイ再生できる(サンプル

・1人〜4人対戦に対応。

・どこかで見たようなレートシステム&どこかで見たようなゲーム画面。

・ロビーはない(対戦相手は友達に部屋のURLを教えるなどして、自分でひっぱってくる)

・一度部屋を作ってしまえば、そこに集まった同じ面子で延々と半荘を打ち続けられる。

 と、こんな感じです。

 麻雀をウェブサービスにしたら? という漠然としたイメージで作りました。

問題点

 commetなのである程度は仕方ないのですが、ときどき通信エラーが発生してゲームが止まります(いずれgaeでwebsocketがサポートされたら解消できると思うのですが)。

 とりあえず今のところは止まってしまったら、ごめんなさい、諦めて部屋を作り直してください。

 あと一人で遊ぶことも出来ますが、COMは全てツモ切りですから、戦い甲斐はありません。

お世話になったソフトウェア、サービス、素材サイトなど

ホスティングサービス google app engine

ゲームエンジン enchant.js

・gaeのフレームワーク kay framework

・麻雀牌の画像 麻雀王国麻雀素材

 いずれも大変助かりました。感謝。

自分で遊んでみた感想

 麻雀はあまり上手くないのですが、後でリプレイを再生すると自分を客観的に見られる気が……駆使すると上手くなれるかも? とか思っちゃいました。

 リプレイにはコメントもつけられるので、友達同士で「そこは違うだろー」とか言い合うのも楽しいかも。

 あと音がないのが寂しいですね。頑張ればなんとかできるかもしれませんが、帯域を惜しみたい気持ちも少しあって微妙です。