読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

anti scroll

ブラウザと小説の新しい関係を模索する

Time-based renderer task throttling

プログラミング

Chrome ver56から導入されるようですが、ざっと読んだ感じだと、こういう動作らしいです。

  • バックグラウンドタブの処理に時間枠を設ける。
  • バックグラウンドタブの処理時間が時間枠を超えると、値が負になって(いったん)眠る。
  • ただし眠りっぱなしというわけではなく、1秒ごとに0.1secずつ復活する。

これによって、モバイル用ブラウザのバッテリー節約につながるとのこと。

Time-based renderer task throttling

一方、バックグラウンドでアレコレ(データを同期するとか、ストリームを読むとか)してるサイトは、軒並み影響されるだろうという意見もあります。

Chrome 56 Will Aggressively Throttle Background Tabs

ちなみに縦書き文庫に関しては、あんまり影響はなさそうです。

どうせ別タブで開かれたら再描画回数が抑えられるので、requestAnimationFrameがゆっくりとしか周りません。結果としてnehan.jsの組版も、ゆっくりとしか進まなくなります。

修正:2011年の時点から、ゆっくりどころか、全く周らないようになってるそうです。 https://developers.google.com/web/updates/2017/03/background_tabs

というわけで、この背景処理が仮にthrottlingで抑えられたところで、タブがアクティブじゃなきゃ、どのみち大したスピードは出ないわけで…これまでと同じですね。

数年前まではどのブラウザでも「おっきな作品を別タブで開いておいて、組版が終わるまで別サイトを眺めてる」なんて使い方ができたわけですが…