読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

anti scroll

ブラウザと小説の新しい関係を模索する

Prepared Statementを少し使いやすくするeps(Extended Prepared Statement)

通常のPrepared Statementを少し使いやすくする処理系 eps を作りました。

epsはExtended Prepared Statementの略です。

github.com

簡単に言うと、こんな感じでPrepared Statementを記述したくて作ったものです。

prepare foo(age:int, name:text="no name!") as
select * from people where name={name} and age={age};

ようするに

  • ラベル付き引数を使いたい
  • デフォルト引数を使いたい
  • ついでに型を考慮した呼び出し側のコードが出力したい

わけでした。

使い方

上のSQLtest.sqlというファイルで保存したとして、

eps.exe -input test.sql -format sqlとすると

prepare foo(int, text) as
select * from people where name = $2 and age = $1;

が出力されます。また

eps.exe -input test.sql -format ocamlとすると

let prep_foo = 
  "prepare foo(int, text) as select * from people where age = $1 and name = $2;"

let exec_foo ~age ?(name="no name!") () = 
  Printf.sprintf "execute foo(%d, '%s');" age name

のように、デフォルト引数、ラベル付き引数、型制限が付いたコードが出力されます。

メリット?

  1. 通常のプレースホルダー($1,$2みたいなの)じゃなくて、ラベル名を参照したSQLが書ける => うっかり割り当てを間違えたSQLを作る危険性が減る。
  2. 型付きかつラベル引数のOCaml関数で読み出せる => 呼び出し方を間違える危険性が減る。
  3. ついでにデフォルト引数を宣言できる。

現在ターゲットに指定できる言語はOCamlSQLだけですが、そのうちサポート言語を付け足すかも?