読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

anti scroll

ブラウザと小説の新しい関係を模索する

jingoo v1.2.5 release

jingooのv1.2.5をリリースしました。

ひょんなことからjingoov1.2.4にバグ(割りとでかい)を見つけてしまい…緊急でリリースしました。

旧バージョンを使用中の方は、アップデートすることをおすすめします。

バグの詳細

具体的なバグは何かというと、オブジェクトをドットで展開する際に、対象が以下の様な入れ子のオブジェクトだったとき、evalが失敗して例外が投げられていたことです。

{{ user.image.filename }}

原因

原因はASTの評価処理で、ドットでプロパティにアクセスする評価式を、次のようなパターンマッチでのみ受け取っていたからでした。

| DotExpr(Ident(name), Ident(prop)) ->
  jg_obj_lookup_by_name env ctx name prop

オブジェクトのドット展開は左結合で、右にドットが2つ以上続く場合は左辺が再帰的にオブジェクトを返すはずですが、DotExprの評価式で左辺がIdentのみの評価しかしていなかったので、左辺がobjectを返すようなASTだったときにマッチするパターンがなく、SyntaxErrorがthrowされていたわけです。

今までこれに気づかなかったのは、単に入れ子のオブジェクトを扱っていなかったからなんですが、今回キャラクタ機能というのをリリースした際に、キャラクタオブジェクトの画像オブジェクト、という入れ子のオブジェクトを展開する必要があって、初めてバグに気づきました。

修正

対応自体は簡単で、パターンマッチのケースを一つ追加するだけで大丈夫でした。

| DotExpr(Ident(name), Ident(prop) ->
  jg_obj_lookup_by_name env ctx name prop

(** 左辺がオブジェクト *)
| DotExpr(left, Ident(prop)) ->
  jg_obj_lookup env ctx (eval_expr env ctx left) prop

おまけ

久しぶりのソースだったので「思い出せるかなあ」と憂鬱だったのですが、OCamlってコンパイラに型エラーで怒られているうちに、徐々に思い出すんですよね。

改めて型システムは偉大だなあ…などと思いました。